アイドルオタクのお金問題

お金にルーズなオタク友達を見破る方法

2018-11-06

http://usagiunagi.com

アイドルのファンをしていると、年齢、職業、地域の異なる様々なタイプの友達が出来ました。

とても楽しいことでしたが、

お金にルーズなお友達と付き合うと、なかなかお金を返してもらえなかったりと、

大変困ったことになりました。

ドルオタをしていると、チケットの申し込みや、グッズの購入の代行などで、

お金を短期間で貸し借りしたりする場合がよくあります。

チケットの購入開始日は、イベントの規模や開催する会社の違いなどによりさまざま。

よって一か月のチケット代の支払い額が、

高額イベントを含んでしまうと10万円を超える月もあります。

たいていチケットの購入は、友達と2~4人で申し込み、

当選した人がお金を立て替え、友達の分も支払います。

お金を立て替えた後、請求すると、

「今お金がなくて返せないから次の給料日に返すね!」と

後出しでとんでもないことを言い出す人もいます。

申し込み時、支払うお金が手元にあって申し込むのが常識じゃないですか?

しかしそんな当たり前のことができない人もいます。

急な出費(不慮の事故)等があったのだろうと想像し、

借金を了承することになります。

でもその給料日までに、私に了承なく当日お金を支払うタイプのイベントに参加していたり。

ものすごく気分が悪かったです。

私の財布を自分の財布の一部に考え、お金を出し入れするお金にルーズな人とは

チケットの申し込みなどを一緒にしない方が良いと考えました。

でも深く付き合わないとそういうタイプであるか、わからないですよね。

一つお金にルーズな人かどうか、見極める指針があります。

ココに注意

「社会人のアイドルオタクでクレジットカードを持っていない」のは

とても不自然である。

チケットの申し込みで支払い方法がクレカのみの場合もあり、そんな時に購入できません。

国内なら現金払いのみでも困りませんが、海外イベントに行った時など大変困ります。

社会人歴=アイドルオタク歴の人がクレジットカードを持っていない場合、

カードを作ることが出来ない人であるかもと、考えても良いかもしれません。

ココに注意

特に過去クレジットカードを所持していたのに、

今一枚も持っていない人は無茶苦茶あやしい。

俗に言う「ブラックリストに載っている状態」である可能性が高いです。

クレジレットカードの支払いを2か月滞納したり、借金を債務整理したり、

事故情報が審査機関に載っていて、カードが作ることが出来ない状態である可能性が考えられます。

私もこの手の人に支払いを先延ばしにされたり、返してもらえなかったりと大変困ったことがあります。

お金を貸し借りすることになるチケットの申し込みをするのは極力避けた方が良いと思います。

友達に借金してまでイベントに行こうとする人の思考はちょっとおかしいです。

友達に「私に先にお金を返して」って、

イベントよりも先に友達にお金を返すという常識的なお金のことで話し合うのはとてもストレスを感じました。

イベントが楽しくなくなりました。

そこで深く付き合う前に、さりげなくクレジットカードの話をすると良いと思います。

カードはあそこがポイント還元率が高く使いやすいよ等、お得な情報をまじえて話し、

「どこのカードを持っているの?」と聞いてみます。

普通は隠したりしないので、素直に答えると思います。

社会人のドルオタで

「私は現金主義、カードだと使いすぎちゃう。だからカードは一枚もないの。」

とか言い出すと危険な香りがします。

一緒にご飯を食べたりする友達としては良いと思いますが、

お金の貸し借りが発生するチケットの申し込みなどは避けた方良いと思います。

更に貯金が一円も無い人とかだと、支払日までにお金が工面できないなとさまざまなトラブルに巻き込まれます。

でも。お金がないからと言って悪い人とも一概には言えません。

お金の使い方を間違えることがあったとしても、とても心優しい友達もいたので、

そういう人だったら気を付けて付き合えば良いだけです。

クレジレットカードを持っていいるかどうかを聞いてみる。

クレジットカードを持っていないと言われたら、お金の貸し借りは一切しない。

貯金がないと言われたら、お金の貸し借りは一切しない。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事が面白いと思った方は、ブックマークやSNSでのシェアしてくださるとうれしいです。宜しくお願いします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

うなぎちゃん

性別は女です。 とりわけ男性アイドルが大好きです。 前はアイドルの触れ合いに全てのお金を使っていた深刻な「触れ合い中毒」でした。 今は「触れ合い中毒」を卒業して、ライトに応援しています。 アイドルの追っかけは悪いことではありませんが、 「触れ合い中毒」や「アイドル依存」になってしまうと、 生活に様々な支障が出てきます。 読者の方がライトに応援できるよう、 お手伝いが出来ればよいなと思っています。 このブログがきっかけで、イラストに初挑戦。 よろしくお願いします。

-アイドルオタクのお金問題
-,

Copyright© アイドルのオタクを楽しくする方法 , 2020 All Rights Reserved.